■1996.07.07
VinylでFrançois K.とDanny Krivitがはじめて一緒にプレイする。この時はまだ<Body&SOUL>という名前は使われていなかった。

■1996.07.21
Larry Levanの誕生パーティではじめて3人が一緒にプレイする。これが3人のバック・トゥ・バック・スタイルの原型になる。

■1997.05.24
Vinylが3週間クローズ。Lifeに一時的にパーティを移す。

■1998.03.29
オフィシャル・ミックスCD『Body&SOUL vol. 1』リリース・パーティ。


■1998.09.05
ナポリのクラブAngels of Loveにて<Body&SOUL>が開催される。ニューヨーク以外の場所での開催はこれが初の試み。

■1999.08.05
セントラルパークのサマー・ステージで初開催。オーディエンスは15,000名以上だったと言われる。


■2001.10.07
9.11の後、グラウンドゼロに近いVinylはクローズしていたが、3週間振りに<Body&SOUL>が再開。

■2002.05.01・05.02
<Body&SOUL Live in Tokyo 2002>。六本木velfarreで初めての日本開催。開演前に長蛇の列ができ大盛況となった。


■2002.07.14
VinylがArcへと変わり、ヴァイブとサウンド・システムが<Body&SOUL>には向いていないことが明らかになる。6年続いた同パーティを終わらせる事が決定となる。


■2003.4.30・05.01
<Body&SOUL Live in Tokyo 2003>。米国による対テロ戦争がパーティ直前に勃発。渡航規制も噂される中、緊迫した雰囲気での来日、開催となったが、3人のピースフルな選曲に多くのオーディエンスが感動した。

■2004.04.28・04.29
<Body&SOUL Live in Tokyo 2004>。本国では休止中の<Body&SOUL>が3月に一晩限り復活。その熱を帯びたままの日本開催となり大きな注目を集めた。

■2005.03.21
<Body&SOUL>がArcで開催される。これはArc閉店前の最後のパーティとなった。2年半ぶりに一夜の復活を遂げるが、その後は休止。

■2005.04.28・04.29
<Body&SOUL Live in Tokyo 2005>。Stephanie Cookeが日本での<Body&SOUL>では初となるライブを披露した。


■2006.05.02・05.03
<Body&SOUL Live in Tokyo 2006>。GW時期のvelfarre での2DAYS開催はこれが最後となる。

■2006.07.01
<Body&SOUL 10th Anniversary Celebration>をニューヨーク近代美術館(MoMA PS1)にて開催。

■2006.12.27
<Body&SOUL Live in Tokyo 2006 Yearend>。velfarreクローズに伴い、初の年末1日開催。velfarreを気に入っていたFrançois K.は「本当に寂しい」と何度も繰り返し呟いていた。

■2007.05.20
<Body&SOUL Live in Tokyo Open Air 2007>。日本で初のオープンエア開催。velfarre期を第1期とするなら、お台場での第2期のはじまり。


■2008.05.18
<Body&SOUL Live in Tokyo Open Air 2008>。Danny Krivitの妻でもあるAKがライブを披露。AKの「Say That You Love Me (FK-EK Japanese Vocal Mix)」は<Body&SOUL>でプレイされてきたクラシック。

■2008.11.30
<Body&SOUL Live in Tokyo 2008>。なんと両国国技館で開催される。Monday満ちるがライブアクトとして出演。


■2009.03.27
<Body&Soul at Mansion>。マイアミのビーチにあるクラブで開催。

■2009.05.31
<Body&SOUL Live in Tokyo Open Air 2009>。ヴィーナスフォート前のお台場シーサイドコートでの初開催。

■2009.11.02
<Body&SOUL Live in Tokyo 2009>。ageHaでの初開催。他のエリアも全てメインフロアの音を流すというageHaでも初の試みがなされた。ライブアクトはJoi。

■2010.05.23
<Body&SOUL Live in Tokyo Open Air 2010>。日本からJazztronikがライブを披露。

■2010.11.02
<Body&SOUL Live in Tokyo 2010>。2009年に続き、ageHaでオールナイト開催。A Hundred Birdsが約20人のオーケストラ編成でのライブを披露。

■2011.07.24
<Body&SOUL Live in Tokyo 2011 Open Air Summer Stage>。キッズエリアがはじめて開設される。まさに老若男女が楽しめるパーティに。AKが再びライブを披露。

■2012.08.05
<Body&SOUL Live in Tokyo Open Air 2012>。会場がお台場から晴海客船ターミナルへ移動。


■2013.09.14
<Body&SOUL Live in Japan 2013>。初となる東京&大阪の二都市開催だったが、大阪は大型台風の来襲に見舞われた。名称が「Live in Tokyo」から「Live in Japan」へ変更。

■2014.05.18
<Body&SOUL Live in Japan 2014>。この年にハウス・ミュージックのオリジネイター、Frankie Knuckles永眠。3人のプレイもFrankieに捧げるものとなった。

■2015.05.17
<Body&SOUL Live in Japan 2015>。

■2016.01.16
Pacha NYCで20周年のアニヴァーサリー・パーティを開催。


■2016.03.22
<Body&SOUL 20th Anniversary at WMC 2016>。マイアミのWinter Music Conferenceにて20周年のアニヴァーサリー・パーティを開催。

■2016.04.09
<Body&SOUL 20th Anniversary at De Marktkantine in Amsterdam>。アムステルダムで20周年のアニヴァーサリー・パーティを開催。

■2016.06.12
20周年を祝した〈Body&SOUL Live in Japan 2016〉が東京の晴海で開催。


■2016.11.27
Space Ibiza New Yorkで20周年のアニヴァーサリー・パーティ<Celebrating 20 Years of Body&SOUL>を開催。

■2017.06.04
開催地を再びお台場に戻し、〈Body&SOUL Live in Japan 2017〉を開催。